respon

サーバの設定をしたとき(学生・受講者)

目次

このページは「設定」で、サーバの URL や ID を設定した 学生・受講者向けのマニュアルです。 設定がまだ完了していない方は、アプリの初期設定 を完了してください。
アプリがどのサーバを選択しているかは、「設定」や、「GO」の画面で確認ができます。

0. どんなアプリ?

respon(レスポン) は、アンケートをすばやく手軽に回答できるアプリです。 みんなの回答をアプリの中で共有することもできます。

1. 端末の設定 ※学校の指示に従って設定をしてください

responアプリ を使う前に、スマートフォンの位置情報サービスの設定を行ってください。 responアプリ が位置情報サービスを使うことで、あなたが教室・会場で提出したことを先生に伝えます。
なお、responアプリ は、あなたの具体的な位置情報を伝えるわけではありません。 他の提出者と同じ場所にいたのかを判定して、その結果を先生に伝えます。 あなたの位置情報(緯度、経度)は、誰も知ることができませんし、この判定以外に位置情報を使うことはありませんのでご安心ください。

1-1. iOS端末での設定

iOS の「設定」を起動します。「プライバシー」>「位置情報サービス」を開き「位置情報サービス」をオンにし、下にある「respon」の設定を「使用中のみ許可」にしてください。 再び、responアプリを起動します。 位置情報の利用について説明が出ますので「OK」をタップします。

1-2. Android端末での設定

responアプリを起動している場合は、一度終了します。 起動中のアプリのリストから responアプリを外してください。
「設定」を起動します。「位置情報」(機種によっては「位置情報サービス」などの場合もあります)を開き、「位置情報」をオンにした上でモードを「高精度」(GPS、Wi-Fi、モバイルネットワークの使用)にチェックを入れます。
普段、端末の位置情報機能をオフにしている方は、授業で respon を利用する直前にオンにしてから起動してください。

※「位置情報」は、機種や OS のバージョンによって「その他のサービス」や「プライバシー」等のメニューの中にあることがあります。

※位置情報サービスの詳しい設定方法は、お持ちの端末のマニュアルをご覧ください。

2. カードの提出

responでは、アンケートを「カード」と呼びます。カードの提出は、アプリのメニュー「GO」から行います。
先生が教室などで、9桁の受付番号をあなたに伝えますので、その数字を入力して、左下の大きな「GO」をタップしてみましょう。 次の画面で、カードが表示されます。

2-1. カードの種類

「出席確認」
出席を確認します。 回答を入力する必要はありません。 授業名を確認して、「提出」をタップしてください。
「クリッカー」
「0~9の数字選択と、自由記入欄1コ」の回答フォームです。 問題文の記載はありません。回答を入力後、「確認」をしてから「提出」します。
「アンケート」
先生が作成した回答フォームが表示されます。 単一選択か、自由記入の問題の組み合わせです。

2-2. 番号入力後の画面で、授業名が日付になったとき

カードのタイプが「出席確認」あるいは「クリッカー」のとき、通信状態が悪いと授業の名前が日付・時間になります。 それでも、「仮提出」まで行うことができます。(→ 仮提出

2-3. 自由記入作文の回答

「クリッカー」や「アンケート」で、自由記入欄に回答するには、「タップして入力」と書かれているエリアをタップします。
すると、テキスト入力画面に切り替わります。 文章が完成したら、画面左上の「<」をタップして戻ります。 [ xx / xx ] という数字は、左が文字数、右がワード数です。 2000文字を超える回答は提出できません。

2-4. 提出後の結果

提出ボタンをタップしたあとの結果は、次のいずれかになります。 そして、「ログ」に記録されます。
送信済み
送信に成功しました。あなたが何番目に提出したか表示されます。 みんなの回答が公開されているときはプレイヤーを見ることができます。(→プレイヤー
(仮)、仮提出
カードを送信するとき、通信状況が悪いと「仮提出」となる場合があります。 後で、通信状態が良い場所に移動してメニューの「ログ」から送信してください。
NG
①他の端末からすでに提出した、あるいは ②送信したが、すでに受付が終了している などの理由で、提出結果が届かなかった状態です。

2-5. 下書き保存

「クリッカー」「アンケート」は、回答の途中で保存することができます。 保存する場合は、回答フォームの画面の左上の「保存」をタップします。 下書き保存した回答を再開するには、メニュー「ログ」から該当の受付番号のカードをタップします。

3. 「ログ」と、下書き・仮提出 の処理

アプリのメニュー「ログ」をタップすると、これまで responアプリから提出したカードを確認することができます。 「下書き」や「仮提出」のカードも「ログ」から参照します。

※「ログ」のアイコンにつく丸数字は、「下書き」と「仮提出」のカードの総数です。

3-1.下書きのカード

回答中に「保存」した場合、「下書き」となり「ログ」に残ります。 再開するには「ログ」で「下書き」のカードをタップしてください。また、提出をやめるときは、「下書き」のカードを開いて「破棄」をタップしてください。

3-2. (仮)、仮提出のカード

提出時に、通信状態が悪かった場合、「仮提出」となって「ログ」に残ります。 通信状況がよいところで、なるべく早く提出の完了をしてください。 再提出するには、「ログ」画面の右上の「送信」をタップするか、そのカードを開いて「送信」します。 仮提出のカードが提出完了すると、赤い文字で「送信済み」と表示されます。

3-3. アプリからの催促

ログに「下書き」「仮提出」が残っていると、responアプリが 早く提出をするよう、あなたに催促をしてくる場合があります。 催促を止めるには「下書き」と「仮提出」のカードを「破棄」「送信済み」もしくは「NG」にしてください。 すでに受付が終了している場合であっても、送信して「NG」としないと、催促は止まりません。
「ログ」画面で、カードをどれかタップすると、そのカードの「詳細情報」が表示されます。 あなたが提出した回答内容も確認できます。 「詳細情報」画面で、授業名をタップすると、その授業で提出したカードだけを並べて表示します。

4. 「お知らせ」の確認

アプリのメニュー「お知らせ」は、本日のカードの枚数、みんなの回答の公開の通知などが確認できます。 最新情報にするには、下方向に引っ張ります。

4-1. 本日のカード

あなたが履修しているコースで、本日実施する予定で準備されているカードの枚数です。 ただし 先生が授業で実施するかはわかりません。 また、あなたがカードを提出しても この数字は減りません。

4-2. 「公開」のお知らせ

クリッカーやアンケートの受付終了後、先生がみんなの回答を公開したときのお知らせです。 タップするとプレイヤーがはじまります。(→プレイヤー

4-3. 「更新」のお知らせ

先生が、クリッカーやアンケートにコメントを追加・更新したときのお知らせです。 コメントは、リプレイプレイヤー(→ 5-2) の先頭画面にオレンジの枠に記載されています。

5. プレイヤー

クリッカーやアンケートは、他の人の回答を見ることができる場合があります。 この設定は、先生が行います。 responアプリでは、みんなの回答を見る画面を「プレイヤー」と呼びます。 プレイヤーはこのボタンをタップすると始まります。 プレイヤーは通信状態がよいところで見て下さい。

5-1. ライブプレイヤー

受付中に、responアプリで提出した人だけが見ることができるプレイヤーです。 ライブプレイヤーが設定されている場合は、提出完了時にメッセージが表示されます。 「OK」をタップすると、「ログ」の中にある、提出したカードの「カード情報」画面に移動します。
「カード情報」画面に、プレイヤーボタンがありますので、タップするとプレイヤーがはじまります。
※メニュー「ログ」から、提出した番号をタップしても、同じ画面に進みます。

5-2. リプレイプレイヤー

受付終了後に、先生が公開するプレイヤーです。 公開されると、お知らせが表示されます。 リプレイプレイヤーは提出していなくても、見ることができます。 お知らせをタップすることで、プレイヤーがはじまります。

5-3. プレイヤーの操作方法(クリッカー/選択+自由記入のアンケート)

プレイヤーの はじめの画面では、授業名などの情報が表示されます。 中央下の再生ボタンをタップすると、再生がはじまります。

5-3-1. プレイ中の画面の見方

画面の右下の数字は、分母が現時点の提出者数、分子が表示しているコメントの回答番号です。
回答の吹き出しがぴょこんと登場します。 そして、下のグラフに結果が反映されます。
下のグラフを上にスワイプすると、大きなグラフに切り替わります。 大きなグラフでは円グラフにも切り替えることができます。

※大きなグラフでは、プレイヤーを開始した時点でのすべての回答結果が反映されています。

5-3-2. 回答を絞り込む
大きなグラフで、各選択肢のエリアをタップすると、その選択肢を選んだ人のコメントだけを絞り込むことができます。
5-3-3. 個人の回答の全文表示
吹き出しの大きさには、限りがあるので、回答が全て表示されていないときがあります。 ふきだしをタップすると、その回答者のコメントだけを全文表示する画面になります。
5-3-4. 回答に星をつける
個人の回答の表示画面では、あなたが「いいな」と思った回答に星をつけることができます。 ただし、星は3個しかつけることができませんので、大切に使いましょう。 星をつけたあと、もう一度星をタップすると星を取り戻すことができます。
5-3-5. 星がついたコメントだけを絞り込む
プレイヤーの一番左下の「★」をタップすると、星がついたコメントだけを絞り込んでみることができます。自分がつけた星を取り戻すときにも便利です。

5-4. プレイヤーの操作方法(アンケート)

アンケートのプレイヤーも、はじめの画面では、授業名などの情報が表示されます。 中央下の再生ボタンをタップすると、再生がはじまります。
画面右上の「Q」をタップすると、アンケートの問題が表示されます。 問題表示から戻るには、画面左上の「<」をタップします。
5-4-1. プレイ中の画面の見方
アンケートのプレイヤーは、すべての質問に対する回答を 一人ずつ表示しています。 画面の右下の数字は、分母が現時点の提出者数、分子が表示している回答者の通し番号です。 「早く回答した人は、Q1でどれを選び、Q2で何を書いたのか?」、あるいは、「Q1で①を選ぶ人は、Q2でどんなことを書く傾向があるのか?」等、俯瞰して眺めることで発見があるかもしれません。
5-4-2. 自由記入問題のコメントだけを見る
5-4-1 の画面の、自由記入問題の回答部分をタップすると、その質問の回答だけを流して見ることができます。 この画面では、先生が非表示に設定したコメントは表示されません。 そのため、分子が分母と同じにならないこともあります。(→ 表示されないコメント
個人の全回答表示
なにか面白そうなコメントをみつけた場合は、吹き出しをタップしましょう。 すると、その人が他の質問にどう答えたかすべて確認できます。 縦に長い場合はスクロールして見てください。
5-4-3. 単一選択問題の結果を見る
5-4-1 の画面の、円グラフをタップすると、その質問の集計結果を表示できます。 この画面は棒グラフに切替えることができます。
回答を絞り込む
大きなグラフで、各選択肢のエリアをタップすると、その選択肢を選んだ人だけを絞って、次の質問に何を回答したか見ることができます。 例えば、Q5 で選択肢①を選んだ人が9人いた場合、①をタップするとその9人がQ6で何を回答したのか見ることができます。
回答をさらに絞り込む
絞り込んだ次の質問が単一選択問題であった場合、さらにもう一段階絞り込むことができます。
5-4-4. アンケートで、回答に星をつけるとき
アンケートでは、自由記入問題が1つだけの場合に限って 星をつけることができます。 自由記入欄が複数個あるアンケートでは、星をつける機能は表示されません。

5-5. プレイヤーでの名前表示

プレイヤーでは、他の人の名前は表示されません。自分の回答のみ、あなたの名前が表示されます。

5-6. 表示されないコメント

先生は、プレイヤーに表示する回答を選ぶことができます。 先生が非表示の設定をした回答は、プレイヤーには表示されません。ただし、非表示になるのは自由記入欄の回答だけです。 単一選択問題の集計結果(グラフ表示)には、提出者全員の回答が反映されています。

6. 「ログ」の同期

ログの左上の「同期」ボタンをタップすると、アプリの中のログデータと、サーバに届いているデータを比較します。そして、アプリの中に無い、あるいは差があるログが見つかった場合は、サーバからダウンロードします。

端末を切り替えてアプリをインストールし直した場合は、「同期」をタップすることで、これまで提出した記録を復活させることができます。

※同期を取る対象は、受付が終了しているカードになります。受付中のカードは、教員が締め切るまで同期は取れません。

※アプリ以外の手段で提出したカードも、同期を取った時点でアプリのログに加わります。

7. 「設定」の確認とリセット

初期設定が完了した状態で、アプリの「設定」を開くと、現在登録されている情報が確認できます。 すべての設定をしなおすときは、画面右上の「リセット」をタップします。

※リセットをすると、すべてのアカウントの情報は削除されますので、ご注意ください。

8. よくある質問

Q. 機種変更のとき、前の端末のログはどう引っ越せばよいですか?

新しい端末で、respon アプリのインストールと設定(サーバの設定、IDとパスワードの入力まで)を完了してください。そして、アプリのログの「同期」ボタンをタップします。すると、これまで同じIDで提出したカードの記録がアプリにダウンロードされます。

Q. NG という表示が出ましたが なぜですか

①他の端末からすでに提出したカードを、アプリからもう一度提出をすると、「NG」になります。
②すでに受付が終了していたり、存在しないカードを提出すると、「NG」になります。例えば、下書きのままずっと保存していた回答を「提出」したとき、そのアンケートが「受付終了」となっていた場合は NG となります。
①の場合の「NG」は、カードの受付終了後にアプリのログにある「同期」をタップすることで、他端末から提出した情報にログが更新されます。

Q. 「送信済み」の文字が黒いものと赤いものがあります。

「送信済み」の文字が黒いものは、何も問題なく送信された状態です。
「送信済み」の文字が赤いものは、一度「仮提出」になったあとで、送信したカードです。こちらも文字が赤いですが、正しく送信が完了しています。(→ 仮提出

Q. 「同期」しても 提出したはずのカードの記録が追加されません

「同期」ボタンをタップしたときに取得できる情報は「受付終了」したカードの情報です。「受付中」から「受付終了」への切り替えは先生が行います。そのため、授業直後に「同期」ボタンを押しても更新されないときがあります。しばらく経ってからお試しください。

Q. 1番 取ったけどキャラクターが出ません

キャラクターが登場するのは、「出席確認」のカードだけです。また、アプリのバージョンが 1.4.1 以上である必要があります。「クリッカー」「アンケート」では、早く提出しても登場しませんので、じっくり考えて回答しましょう。

9. お問い合わせ先

ログイン ID とパスワードに関する質問や、responアプリに表示される授業名等 についてのお問い合わせは、あなたの学校(もしくは企業)の システム担当部署にお問い合わせください。