respon

サーバの設定をしたとき(教員・講師)

目次

このページは「設定」で、サーバのURL や ID を設定した 教員・講師向けのマニュアルです。 設定がまだ完了していない方は、アプリの初期設定 を完了してください。
アプリがどの サーバ を選択しているかは、「設定」や、「GO」の画面で確認ができます。
responシステムでは、アンケートの管理を行うIDを「教員ID」、アンケートに回答する立場のIDを「学生ID」と呼びます。そのため、このページではアンケート発行者を「教員」と記載して説明します。

0. respon でできること

respon(レスポン) は、アプリと、PCでログインする responシステム から構成されます。 教員は、PCの画面から、カードの発行や受付の終了、結果のダウンロードを行います。

※ responでは、アンケートを「カード」と呼びます。


発行したカードには、9桁の「受付番号」が付きます。学生・受講者は、ブラウザ/もしくは responアプリを使って受付番号を入力して、カードを提出します。
学生・受講者 は responアプリを使うことで、よりスピーディーに提出できます。 また、クリッカーやアンケートの集計結果を見る「プレイヤー」を アプリユーザに配信できます。 responアプリは、登録するIDの種類で機能が変化します。 教員IDを登録している場合、アプリからは

・カードのお試し提出
・カードの受付終了
・プレイヤーを使って、「クリッカー」「アンケート」の提出状況・提出者名の確認
・プレイヤーで公開する回答の管理

ができます。 授業中に、お手元でカードを発行し、アプリで提出状況を確認しつつ、受付の終了ができます。

1. 端末の設定 ※学校の方針に従って設定をしてください

responアプリ を使う前に、スマートフォンの位置情報サービスの設定を行ってください。
responアプリ は、具体的な位置情報を伝えるわけではありません。 他の提出者と同じ場所にいたのかを判定して、その結果をダウンロードできる集計シートに記載します。 提出者の位置情報(緯度、経度)は、教員であっても知ることができません。

1-1. iOS端末での設定

iOS の「設定」を起動します。「プライバシー」>「位置情報サービス」を開き「位置情報サービス」をオンにし、下にある「respon」の設定を「使用中のみ許可」にしてください。 再び、responアプリを起動します。 位置情報の利用について説明が出ますので「OK」をタップします。

1-2. Android端末での設定

responアプリを起動している場合は、一度終了します。 起動中のアプリのリストから responアプリを外してください。
「設定」を起動します。「位置情報」(機種によっては「位置情報サービス」などの場合もあります)を開き、「位置情報」をオンにした上でモードを「高精度」(GPS、Wi-Fi、モバイルネットワークの使用)にチェックを入れます。
普段、端末の位置情報機能をオフにしている方は、授業で respon を利用する直前にオンにしてから起動してください。

※「位置情報」は、機種や OS のバージョンによって「その他のサービス」や「プライバシー」等のメニューの中にあることがあります。

※位置情報サービスの詳しい設定方法は、お持ちの端末のマニュアルをご覧ください。

※位置情報の判定結果については、respon教員用マニュアル(PDF) の 22ページ(11) の注釈を必ずお読みください。このマニュアルは、PCブラウザでログインする respon管理画面からダウンロードできます。

2. カードの提出(お試し)

カードの提出は、アプリのメニュー「GO」から行います。教員IDでは「お試し提出」ができますので、提出までの各画面の確認ができます(結果には反映されません)。 ブラウザでシステムに ログインしてカードを発行し、9桁の受付番号を用意します。 そして、アプリを起動して受付番号を入力し、左下の大きな「GO」をタップします。 すると、次の画面で、フォームが表示されます。

2-1. カードの種類

「出席確認」
出席を確認します。回答を入力する必要はありません。 授業名を確認して、「提出」をタップしてください。
「クリッカー」
「0~9の数字選択と、自由記入欄1コ」の回答フォームです。 問題文の記載はありません。 回答を入力後、「確認」をしてから「提出」します。
「アンケート」
事前に作成した回答フォームが表示されます。 単一選択か、自由記入の問題の組み合わせです。

2-2. 番号入力後の画面で、授業名が日付になったとき

カードのタイプが「出席確認」あるいは「クリッカー」のとき、通信状態が悪いと授業の名前が日付・時間になります。 それでも、「仮提出」まで行うことができます。(→仮提出

2-3. 自由記入作文の回答

「クリッカー」や「アンケート」で、自由記入欄に回答するには、「タップして入力」と書かれているエリアをタップします。
すると、テキスト入力画面に切り替わります。 文章が完成したら、画面左上の「<」をタップして戻ります。 [ xx / xx ] という数字は、左が文字数、右がワード数です。 2000文字を超える回答は提出できません。

2-4. 提出後の結果提出後の結果(お試し)

提出ボタンをタップしたあとの結果は、次のいずれかになります。
お試し提出完了
教員IDで、担当のコースのカードを提出すると、「お試し提出」となります。 この場合、送信した情報は回答に含まれません。 また、アプリの「ログ」にも保存されません。
(仮)、仮提出
カードを送信するとき、通信状況が悪いと「仮提出」となる場合があります。 後で、通信状態が良い場所に移動してメニューの「ログ」から送信してください。
NG
回答を送信したものの、すでにそのカードの受付が終了しているなど場合は「NG」となります。 「NG」の場合は、「お試し」であってもログに保存されます。

2-5. 下書き保存

「クリッカー」「アンケート」は、回答の途中で保存することができます。 保存する場合は、回答フォームの画面の左上の「保存」をタップします。 下書き保存した回答を再開するには、メニュー「ログ」から該当の受付番号のカードをタップします。

3. 「ログ」と、下書き・仮提出 の処理

アプリのメニュー「ログ」は、 responアプリから提出したカードを確認するための画面です。 「下書き」や「仮提出」のカードも「ログ」から参照します。
教員IDで「お試し提出」したカードは、ログには残りません。

3-1.下書きのカード

回答中に「保存」した場合、「下書き」となり「ログ」に残ります。 再開するには「ログ」で「下書き」のカードをタップします。また、提出をやめるときは、「下書き」のカードを開いて「破棄」をタップしてください。

3-2. (仮)、仮提出のカード

提出時に、通信状態が悪かった場合、「仮提出」となって「ログ」に残ります。 通信状況がよいところで、「ログ」画面の右上の「送信」をタップするか、そのカードを開いて「送信」します。

3-3. アプリからの催促

ログに「下書き」「仮提出」が残っていると、responアプリが 早く提出をするよう、ユーザに催促をする機能があります。 「下書き」と「仮提出」のカードをすべて送信し、「送信済み」もしくは「NG」にすると、催促は止まります。 すでに受付が終了していることが明らかであっても、送信して「NG」としないと、催促は止まりません。

4. カードの「管理」

アプリのメニュー「管理」は、教員用のメニューです。 学生IDを登録したユーザには、登場しません。 提出状況の確認や、回答の確認、受付終了ができます。 カードの発行はブラウザでシステムに ログインをして行ってください。

※「管理」画面の右上の「発行」をタップすると、お使いのシステム のログイン画面にジャンプします。

4-1. 受付中のカードの操作

「管理」での操作は、通信状態がよいところで行ってください。
提出者人数は、リアルタイムに更新はされません。 最新情報を取得するためには、一度他のメニューを開くか、プレイヤーで提出状況を確認してください(プレイヤーは提出状況をリアルタイムに更新します)。
プレイヤーを履修生に公開するか否かはカード発行時に決定しますが、公開をしていなくても、教員はプレイヤーを見ることができます。
B の「○」付近をタップすると、このカードに関する操作メニューが出てきます。
お試し提出
このカードをお試し提出します。
管理用プレイヤーを開く
クリッカーか、アンケートに出るメニューです。 管理用プレイヤーでは、コメントを選択して、表示・非表示の設定ができます。非表示とした場合、履修生がみるプレイヤーにはそのコメントが表示されなくなります。(→ 非表示のコメント
受付終了
このカードの受付を終了します。

4-2. 受付終了後のカードの操作

受付終了のカードは、「設定」で「受付終了」をタップすると、コースごとに参照できます。 アプリの「管理」で表示されるコースは、学生IDのユーザがアクセスできる期間のものに限っています。
受付終了したカードに対してアプリからできる操作は、「管理用プレイヤーを開く」のみです。 プレイヤーを公開するときは、「管理用プレイヤー」で履修生に見せたくないコメントを隠してから、ブラウザでアクセスする管理画面 でプレイヤーを公開してください。

5. プレイヤー

クリッカーやアンケートは、回答や集計結果を履修生に見せることができます。responアプリでは、回答を見る画面を「プレイヤー」と呼びます。 プレイヤーはこのボタンをタップすると始まります。 通信状態がよいところで見て下さい。

5-1. ライブプレイヤー

受付中に、responアプリで提出した人だけが見ることができるプレイヤーです。 この設定は、カード発行時に行います。ライブプレイヤーを公開しておくと、学生・受講者は、提出した後に メニュー「ログ」で該当のカードの「詳細」画面にプレイヤーボタンが表示されます。
教員がライブプレイヤーを見るには、「管理」メニューの「受付中」のカード一覧でプレイヤーボタンをタップします。

5-2. リプレイプレイヤー

受付終了後に、教員が公開するプレイヤーです。 公開すると、履修生のアプリに「お知らせ」が表示されます。 リプレイプレイヤーは、アプリから提出していなくても、履修生ならば見ることができます。 履修生はこのお知らせをタップしてプレイヤーを見ます。 教員は「管理」メニューの「受付終了」で該当のカードを表示して、プレイヤーボタンをタップします。

5-3. プレイヤーの操作方法(クリッカー/選択+自由記入のアンケート)

プレイヤーの はじめの画面では、授業名などの情報が表示されます。 リプレイプレイヤー(=受付終了後に公開をしたプレイヤー)の、オレンジ色の枠の中のテキストは、教員が公開時に追加したコメントです。 中央下の再生ボタンをタップすると、再生がはじまります。
5-3-1. プレイ中の画面の見方
画面の右下の数字は、分母が現時点の提出者数、分子が表示しているコメントの回答番号です。
回答の吹き出しがぴょこんと登場します。 そして、下のグラフに結果が反映されます。
下のグラフを上にスワイプすると、大きなグラフに切り替わります。 大きなグラフでは円グラフにも切り替えることができます。

※大きなグラフでは、プレイヤーを開始した時点でのすべての回答結果が反映されています。

5-3-2. 回答を絞り込む
大きなグラフで、各選択肢のエリアをタップすると、その選択肢を選んだ人のコメントだけを絞り込むことができます。
5-3-3. 個人の回答の全文表示
吹き出しの大きさには、限りがあるので、回答が全て表示されていないときがあります。 ふきだしをタップすると、その回答者のコメントだけを全文表示する画面になります。
5-3-4. 回答に星をつける
個人の回答の表示画面では、あなたが良いと思った回答に星をつけることができます。 ただし、星は3個しかつけることができません。 星をつけたあと、もう一度星をタップすると星を取り戻すことができます。
5-3-5. 星がついたコメントだけを絞り込む
プレイヤーの一番左下の「★」をタップすると、星がついたコメントだけを絞り込んでみることができます。自分がつけた星を取り戻すときにも便利です。

5-4. プレイヤーの操作方法(アンケート)

アンケートのプレイヤーも、はじめの画面では、授業名などの情報が表示されます。 中央下の再生ボタンをタップすると、再生がはじまります。
画面右上の「Q」をタップすると、アンケートの問題が表示されます。
問題表示から戻るには、画面左上の「<」をタップします。
5-4-1. プレイ中の画面の見方
アンケートのプレイヤーは、すべての質問に対する回答を 一人ずつ表示しています。 画面の右下の数字は、分母が現時点の提出者数、分子が表示している回答者の通し番号です。 「早く回答した人は、Q1でどれを選び、Q2で何を書いたのか?」、あるいは、「Q1で①を選ぶ人は、Q2でどんなことを書く傾向があるのか?」等、俯瞰して眺めることで発見があるかもしれません。
5-4-2. 自由記入問題のコメントだけを見る
5-4-1 の画面の、自由記入問題の回答部分をタップすると、その質問の回答だけを流して見ることができます。 画面下の再生ボタンをタップすることで流れはじめます。 この画面では、教員が非表示に設定したコメントは表示されません。 そのため、分子が分母と同じにならないこともあります。(→ 非表示のコメント
個人の全回答表示
興味深いコメントをみつけた場合は、吹き出しをタップしましょう。 すると、その人が他の質問に何を答えたかすべて確認できます。 縦に長い場合はスクロールして見てください。
5-4-3. 単一選択問題の結果を見る
問題番号をタップするか、円グラフをタップすると、その質問の集計結果を表示できます。 この画面は棒グラフに切替えることができます。
回答を絞り込む
大きなグラフ画面で、各選択肢のエリアをタップすると、その選択肢を選んだ人だけを絞って、次の質問に何を回答したか見ることができます。 例えば、Q5 で選択肢①を選んだ人が9人いた場合、①をタップするとその9人がQ6で何を回答したのか見ることができます。
回答をさらに絞り込む
絞り込んだ次の質問が単一選択問題であった場合、さらにもう一段階絞り込むことができます。
5-4-4. アンケートで、回答に星をつけるとき
アンケートでは、自由記入問題が1つだけの場合に限って 星をつけることができます。 自由記入欄が複数個あるアンケートでは、星をつける機能は表示されません。

5-5. プレイヤーでの名前表示

プレイヤーでは、他の人の名前は表示されません。 提出者本人の回答のみ、名前が表示されます。
一方、教員が「管理」で操作メニューから開く管理プレイヤーでは(→管理プレイヤー)、提出者の名前が全て表示されます。

5-6. 非表示のコメント

教員は、プレイヤーに表示する回答を管理用プレイヤーで選択できます。 コメントを選択して非表示にするには、管理プレイヤーから行います。 非表示の設定をした回答は、プレイヤーには表示されません。 ただし、非表示になるのは自由記入欄の回答だけです。 単一選択問題の集計(グラフ表示)には、提出者全員の回答が反映されています。

6. お知らせ

アプリのメニュー「お知らせ」は、学生・受講者用のメニューになります。 本日実施予定のカードの枚数や、プレイヤーの公開の通知など表示されます。

6-1. 本日のカード

履修しているコースで、本日実施する予定で準備されているカードの枚数です。

6-2. プレイヤー公開のお知らせ

クリッカーやアンケートの受付終了後、教員がプレイヤーを公開したときのお知らせです。

6-3. コメント記入のお知らせ

教員が、リプレイプレイヤーのコメントを追加・更新したときのお知らせです。

7. 「ログ」の同期

ログの左上の「同期」ボタンをタップすると、アプリの中のログデータと、サーバに届いているデータを比較します。そして、アプリの中に無い、あるいは差があるログが見つかった場合は、サーバからダウンロードします。

端末を切り替えてアプリをインストールし直した場合は、「同期」をタップすることで、これまで提出した記録を復活させることができます。

8. 「設定」の確認とリセット

初期設定が完了した状態で、アプリの「設定」を開くと、現在登録されている情報が確認できます。 すべての設定をしなおすときは、画面右上の「リセット」をタップします。

※リセットをすると、すべてのアカウントの情報は削除されますので、ご注意ください。

9. よくある質問

Q. 自由記入問題は、何文字まで入力できますか?

2000文字まで入力ができます。ちょっとしたレポートも respon で行うことができます。アプリでは、入力中に一時保存もできます。

Q. 星をつける機能が表示されません

相互閲覧の「星をつける」機能は、クリッカー もしくは 自由記入問題がひとつだけのアンケートのときにオンとなります。自由記入問題が複数個あるアンケートでは、星を付ける機能はご利用いただけません。

Q. プレイヤーは、いつまで公開されますか?

クリッカーやアンケートをPCの管理画面で発行するとき、プレイヤーの「公開」を選択した場合、そのカードが「受付中」の間のみ、学生・受講者はアプリでプレイヤーを見ることができます。カードを受付終了すると、プレイヤーは非公開になります。
受付終了後に、もう一度プレイヤーを公開したい場合は、PCの管理画面から「プレイヤー公開」を選択してください。

Q. キャラクターが出る?

「出席確認」のカードでは、一番はじめに提出した人のアプリの画面に、一番をとった旨のメッセージが表示されます。「クリッカー」「アンケート」ではこの機能はありません。

10. お問い合わせ先

ログイン ID とパスワードに関する質問や、responアプリに表示される授業名等 についてのお問い合わせは、あなたの学校(もしくは企業)の システム担当部署にお問い合わせください。